[「全国鉄道乗車実績集計」画面の見本]
1.路線登録/変更/削除

[路線登録/変更/削除]
  • 各路線ごとの基本データです。路線番号が各行の識別番号となっており,路線名称,区間(起点,終点),キロ程等の項目から構成されています。
  • 入力するのは主として,新路線が開通したとき,既存路線が延長もしくは廃止されたとき等です。
  • ここで入力されたキロ程が,乗車割合計算の際の元データとなります。
2.乗車実績登録/変更/削除

[乗車実績登録/変更/削除]
  • 初めてその路線のある区間に乗車した際に,乗車年月日,乗車区間,そのキロ数を入力します。
  • ここで入力されたキロ数が,乗車割合計算の際の元データとなります。
3.分類ごとの集計

[分類ごとの集計]
  • キロ程,乗車キロの計,及び乗車キロのキロ程に対する割合を,旅客鉄道会社,大手会社線についてはその会社,もしくは団体ごとに,その他の会社線については,概ね都道府県単位に集計します。
  • さらに,旅客鉄道会社のキロ程,乗車キロの計を会社ごとにグラフ表示する機能もあります。
4.区分ごとの集計

[区分ごとの集計]
  • キロ程,乗車キロの計,及び乗車キロのキロ程に対する割合を軌道の形態による区分け,鉄道事業法による区分けごとに集計します。
  • プログラムに不具合がなければ,ここの合計は,前項の「分類ごとの集計」と一致します。
5.年(年度)別の集計

[年(年度)別の集計]
  • 乗車した区間数,乗車キロの計,廃止区間数,廃止キロ数を年別に集計します。
  • 集計範囲を「4〜3月」に指定すると,「1998年」の行は,1998年-4月-1日から1999年-3月31日までの間の乗車した区間数,乗車キロの計,廃止区間数,廃止キロ数の計が集計対象になります。

------

[前ページ] 前ページ(「全国鉄道乗車実績集計」の紹介)に戻る。