[大洋ホエールズ試合観戦記録]

はじめに

私は,1978年「大洋ホエールズ」が横浜に本拠地を移し「横浜大洋ホエールズ」になった頃からの大洋ファンです。
以前はシーズンを通して10本以上の本塁打を打った日本人選手がいなかったり,と情けない状況でしたが,最近はよく打つようになり,残塁の山を築き上げる拙攻打線が復活しました(1999年11月記)。

球団創設以来2回目となる3年連続Aクラスと,ここ6年で全順位制覇(6→4→5→2→1→3)を記念して,私が球場に見に行った分の観戦記録を掲載します(1999年11月記)。

[さようなら]

ただ「基が無死一二塁から二直三重殺打を打った試合」とか「広島のガードナーがホームランと思いきや,本塁を踏んでなくアピールアウトを食らった試合」とか「屋鋪が走塁中打球に当った試合」等は,昔過ぎてはっきり覚えていません。なので,1998年-9月以降の分から掲載します(2005年までの分は「過去の履歴」に移しました)。

得点は全て左側が大洋(横浜もしくは湘南)。つまり右の数字が多い場合は大洋の負けです。

2017年分の観戦記録

日付 相手 球場 座席 得点 コメント
8月10日 ヤクルト 神宮 A指定 6 - 1

ヤクルト自滅 !!

0対1で迎えた5回表,宮崎のソロHRで同点に追いついたもののその後は点が入らないまま試合は進んだ。

このパターンだとサヨナラ負けになることが多いのだが、8回表にヤクルトのまずい守備に助けられ勝ち越し、終わってみれば5点差で勝利するという思いもしない結果となった。

さて、セーブのつかない場面で山崎が登場し三者連続三振に抑えたのだが、
  • 打者がリベロ、奥村、大松だった
  • 点差があった
  • ヤクルトのやる気がなくなっていたから
のいずれが原因なのかは定かではない。

この3年,神宮での観戦一試合のみという状況が続いていますが,全て負けていることに気がつきました。

------

2016年分の観戦記録

4年連続無観戦となりました。

------

2015年分の観戦記録

諸般の事情により、ナイター観戦は困難になりました。

------

2014年分の観戦記録

二度あった観戦予定がいずれも雨で中止になりました。

------

2013年分の観戦記録

一度しかなかった観戦予定が雨で中止になりました。2004年以来の「シーズン無観戦」です。

------

2012年分の観戦記録

日付 相手 球場 座席 得点 コメント
9月14日 ヤクルト 神宮 S指定 2 - 6

中村11号HR !!

2対1で迎えた4回表,中村の11号ソロHRで喜んだのもつかの間,その裏連打で4点を取られて逆転されると,結局2-6での負けと相成った。

蓋を開けてみると
  • 8回表,後藤,小池の二者連続インフィールドフライ。
  • 8回裏,そろそろ引退かと思っていた宮出の本塁打。
  • 金城の1500本安打達成。
以外,見所のない試合だった。

この3年,神宮での観戦一試合のみという状況が続いていますが,全て負けていることに気がつきました。

------

2011年分の観戦記録

日付 相手 球場 座席 得点 コメント
6月24日 ヤクルト 神宮 S指定 1 - 2x

渡辺,どこに立っているんだ !!

館山,高崎の投げ合いで投手戦となった本日の試合は,八回表に大洋が二死から渡辺中前安打,吉村まさかの左線適時二塁打で一点を先取するという予想だにしなかった展開となった。

ところが九回裏,二死二塁で相川の代打,左打者ユウイチの打席で何故か渡辺は二塁近くに寄っており,一体どこに立っているんだと思っているうちに一二塁間にゴロが転がり,何とか獲ったものの二塁走者を返すというお粗末な守備で同点となり延長戦に突入。

十回の裏にホワイトセルの本塁打でサヨナラ負けと相成った。

  • 親会社が訳のわからない会社になった。
  • 日ハムで飽きられ,ヤクルトの監督として全くダメだった者をあえてGMに就任させた。
  • 監督が中畑,ヘッドコーチに高木豊といずれも嫌いな者が就いた。
  • 等,私を球場から遠ざける環境が整ったため,来季(2012年)からは試合の勝敗に一喜一憂せずにすみそうです。

------

2010年分の観戦記録

日付 相手 球場 座席 得点 コメント
8月24日 ヤクルト 神宮 S指定 5 - 13

9回まで試合を観させてくれ !!

ヤクルトとの三連戦,清水の先発が予想される本日が一番勝つ確率が高いなと思い,神宮に観戦に行った。

ところが清水は4回7安打7失点で降板。1対7で迎えた7回表に大洋が1点を返すと,その裏すぐに松山,篠原という火だるま投手陣が6点を取られるという,全く面白みのない試合運びであった。

今年は最下位争いくらいはできるのではないかと思ってましたが,どうもあまかったようです(10.09.14記)。

------

2009年分の観戦記録

日付 相手 球場 座席 得点 コメント
9月20日 湘南

ロッテ
横須賀 内野 8 - 3

首位攻防戦で勝利 !!

県営追浜球場で行われた大洋二軍の最終戦を観に行った。

[松家]

一回表に2点を先制された湘南は,二回裏にこれぞ二軍の試合というロッテの守備にも助けられ4点を取り逆転。

その後も小刻みに加点し,加藤(武),小山田,石井(裕)とつなぎ8対3で勝利した。

[小山田]

8回裏には小宮山が登場。久々に見ると随分体型が変わったものである。

[小宮山]

球場に集まった2156人の好事家(主催者発表)の多くは,所沢でやっている西武対巨人の試合経過が放送されるたびに一喜一憂していたが,二軍の順位に一体何の意味があるのだろうか。

なお,本日の最大の収穫は,来年現役でプレーしている可能性の低い,松家,小山田,小宮山等の各投手の投球をしっかりと見たことである。
8月13日 ヤクルト 神宮 S指定 13 - 2

山崎プロ入り初ホームラン !!

7対0で迎えた5回裏,ヤクルトがノーヒットで1点を取ると,6回の表の大洋はホームラン1本を含む6連打で3点を取る猛攻でヤクルトを突き放した。

7回には大洋,ヤクルト共に主力選手をほとんど引っ込め,その後は「早く終ろうよ」と言わんばかりの試合運びになった。

9回表には山崎のプロ入り初ホームランが飛び出したが,これが同選手の最初で最後のホームランにならないことを祈るばかりである。
5月25日 楽天 横浜 S指定 6x - 5

工藤2年ぶりの勝利 !!

久々にスタジアムで観戦した試合は,20時でまだ4回を終了していないという具合で,前半は実に時間のかかるものだった。

4 - 5の一点差負けで迎えた9回表に工藤が登場。楽天の攻撃をピシャリと抑えたのだが,その裏細山田の代打で出てきた金城のあっけない空振り三振は,球場に集まった大洋ファンに負けを覚悟させるものだった。

ところが工藤の代打の佐伯,続く下園が四球を選択し,絶対に打てそうにない石川がライト前ヒットで満塁となり打順は内川にまわった。内川の打球は打った瞬間セカンドゴロ併殺,試合終了を予想させたが,何故か外野に抜け逆転サヨナラ勝ちとなり,工藤に久々の勝利が転がり込む結果と相成った。

今年は,まだ行ったことのない名古屋ドームと,広島新球場に行きたいのですが,なかかな野球観戦のためだけに行く気はしません(09.05.26記)。

------

2008年分の観戦記録

日付 相手 球場 座席 得点 コメント
7月26日 広島 広島
市民
A指定 2 - 4x

サヨナラ市民球場 !!

はるばる広島市民球場へ行ったのだが,現在の市民球場が新球場への移転のため今年限りということもあり,大洋戦とは思えない人の数であった。

[広島市民球場]

試合は,両軍とも走者は出すもののなかなか点が入らないストレスのたまる展開だったが,9回裏アレックスがそれまでのうっぷんを晴らすかのように2ランホームランを打ち,決着をつけた。

試合終了後は広電で広島駅まで行く予定だったが事故で不通になっており,930円を払ってタクシーで移動する羽目になるというおまけまでついたのだった。
7月20日 湘南

日ハム
鎌ヶ谷 内野 10 - 8

鎌ヶ谷見参 !!

以前から行ってみようと思っていた鎌ヶ谷についに行った。

[ファイターズスタジアム入口]

13:30に始まった試合は乱打戦となり,挙句の果てには延長戦に突入する始末であった。

本日の最大の収穫は9回表,新沼の代打逆転適時打のまさに打つ瞬間を撮れたことである。

[打者新沼]

ボールがバットに当たった部分を拡大すると,下の通りである。

[ボールが当たった部分]

しかし,果たして三連休の中日に県境を二つも越えてまで観に行く価値があったのかどうか,はなはだ疑問だった。

なお,昨年の神宮観戦時に続きファウルボールを取ったのだが,ここでは回収された。さすがに二軍の試合ではくれないようだ。

一軍の試合はあまり期待できないので,石井琢,鈴木尚,佐伯の引退試合までは横須賀でお茶を濁すのがよさそうです(08.07.27記)。
と思っていたら,石井は広島移籍,鈴木はシーズン終了後引退を決意,佐伯は現役続行となり,この三人の引退試合はありませんでした。

------

2007年分の観戦記録

日付 相手 球場 座席 得点 コメント
10月-4日 ヤクルト 神宮 特別
指定
1 - 3

鈴木引退 !!

といっても引退するのは大洋の鈴木尚ではなく西武,ヤクルトで活躍した鈴木健である。彼の引退試合を観に約6年ぶりに神宮球場へ行った。

試合開始当初は三橋の球数が異様に多く,鈴木健の登場は一体何時になるとかと心配になったのだが,6回,7回と互いに三者凡退を続け21時前には最終打席を見届けることができた。

さてその最終打席で数多く打ったファウルの一つが私のすぐ近くに落ち,そのボールを運良く手に入れることができたのである。

[鈴木健選手の打ったファウルボール]

結局鈴木健は15球目をセンター前にはじき返し有終の美を飾った。

途中スタンドまで届かないファウルフライが上がり「まさか村田が捕球してしまうのではないだろうか」と一瞬心配になったのだが,さすがに場の空気を読んだようでそれはなかった。

夏頃まではよく戦っていましたが,後半失速しました。

------

2006年分の観戦記録

日付 相手 球場 座席 得点 コメント
10月-9日 広島 横浜 内野
指定
5 - 3

三浦三塁打 !!

万永の引退試合を兼ねた本拠地最終戦を観に行ったのであるが,自分で打たないと点の入らないことにやっと気がついた三浦の三塁打以外,見所のない試合となった。
南海 vs 西鉄のプレイオフ第一ステージをやっているにもかかわらず,意外に観客が多いのが不思議であった。

[花束を受け取る万永選手]
金城選手から花束を受け取る万永選手
8月20日 湘南

日ハム
横須賀 内野 4 - 5

岡本退場 !!

3対3で迎えた9回表,日ハムが陽の適時打,江尻の犠飛で2点を勝ち越し,その裏の湘南の反撃を1点に押さえ左記の結果と相成った。

本日の感想は以下の通り。
  • 野中は今ひとつセンスがないような気がする。
  • 田中一は今期限りだろうな。おっと万永もか。
  • 古木はトレードに出してもらうためにわざとやる気のなさをアピールしているのかな。
クソ暑い中,高校野球の決勝戦の裏でひっそりと行われた本日の試合の唯一の見所は日ハム監督の退場処分であったが,これは冷房の効いた場所に一足お先に行きたかったためだろうか。

一軍は5位と予想してましたが最下位となりました。

------

過去の履歴

観戦記録の数が増えたので,過去の記録を概ね5年単位にまとめました。いわゆるバックナンバーというやつです。


------

[索引へ] 索引ページ(日本語版)に戻る。