清水港線
学校をサボって清水港線,及び静岡鉄道に乗って来た。

1983年-1月18日(月)

東海道線普通列車で静岡まで行き,下車。静岡鉄道の新静岡駅まで雨の中を歩き,新清水まで引き返し,そこからバスで三保本町まで行った。

天気が良ければ灯台に行き,その後三保の松原を歩いてみようと思ったのだがあいにくの雨。近くにある東海大学付属の博物館でお茶を濁すこととした。

さて,時間を潰した後雨の中を歩き三保駅に到着。

[三保駅駅舎]

記念に硬券入場券を買い1日1往復の上り列車に乗車。驚いたことに貨客混合列車,しかも客車は旧型であった。ただ,この頃はまだ北陸本線等に旧型客車が沢山走っており,旧型客車自体は特に何とも思わなかった。今にして思えばもっと写真を撮っておけばよかったと思う。

暖房の入らない客車に乗ること約30分,清水駅に到着。

[清水港線清水駅構内]

清水港線ホームは離れており,屋根のないところを延々と歩き,東海道線に乗換えた。

1日1往復の列車に乗っていたのは,高校生が主で合計20人にも満たなかった。


Copyright (C) 2003 Isao HARADA.