広島・福岡・鹿児島
今回の旅行の目的は,広電の延伸区間,福岡市交通局七隈線,及び九州新幹線に乗ることである。日程も狂気の沙汰と思えるかもしれないが,ともかく以下の通りである。

2005年11月-4日(金)

私を乗せた「はやぶさ(富士と併結)」は5:21,定刻通り広島に到着。30分強待った後広電の始発で広島港まで往復した。
朝早くから一体何をしてるのかとも思うが,2003年に宇品線先端部分が200m延伸されたため,この区間に乗るためだけに広島で一旦降りる羽目になったのである。

[広島港駅]

広島駅に戻り「ひかり443号(700系E編成で運転)」に乗り,小倉で降りるとちょうど朝乗っていた「はやぶさ」に追いついたところであり,何だか推理小説のネタにも使えそうな気がした。
ここから門司港へ行き九州鉄道記念館を見学。平日のしかも午前中であり見事に空いていた。

[九州鉄道記念館]

この後一気に原田まで行き,天拝山間〜原田間で約1時間撮影。

[天拝山〜原田]

博多に戻り地下鉄七隈線に乗り,大濠公園で日が沈むのを見て本日の活動を終了した。

2005年11月-5日(土)

博多駅6:30発のリレーつばめに乗り新八代で九州新幹線に乗り鹿児島中央9:06着。9:26発の3331Dに乗り換え指宿に10:20着。

当初は西大山まで行き開聞岳背景の指宿枕崎線を撮ろうとしていたのだが,天気予報も崩れるとのことで,しかも段々雲行きが怪しくなってきたため砂風呂に入ることにしたのである。

さて砂風呂に入り昼飯(というより昼飲み。)を取った後,指宿発13:05の1346Dで鹿児島中央に戻り,きりしま16号に乗り換え国分で下車。ここからバスに乗り換え鹿児島空港には出発の約2時間前に到着。
こんな早くに着いたのには訳があり,その訳とはYS-11を撮影することである。

展望台に出ると,ちょうどうまい具合に滑走路の横に止まっていたため,早速撮影。

[YS11]

この後さんざん飲み食いをし,動くのも辛い状態になった後JAL1874便に乗り羽田に到着した。

JAL便は第一ターミナルに到着する訳であるが,今回はもう一つ乗らなければいけない路線があり,それが東京モノレールの第一ターミナル〜第二ターミナル間である。このため,第一ターミナルから第二ターミナルまでわざわざ歩き,そこからモノレールに乗って帰ったのであった。


Copyright (C) 2005 Isao HARADA.